初めてのタロット|まずはこれだけ!タロットを読むために知っておこう

タロット タロット

絵柄を読むときに、まずはこれだけは覚えておくといいでしょう。

覚えると言っても、感覚で「そんな感じだよね」と思えるものばかりだと思います(^^)

 

タロットの物語

タロットカードは、その絵柄で人生における出来事や魂の成長を表現しています。

そして、「大アルカナ」と「小アルカナ」というカードに分かれています。

「大アルカナ」カード22枚

「小アルカナ」カード56枚

全部で78枚あります。

 

「大アルカナ」

「大アルカナ」は0~21番までの番号がふられていて全部で22枚です。

「大アルカナ」は、人生の物語です。

人はまっさらな状態で生まれ、人生という冒険の旅に出ます。

「大アルカナ」は、人生の中で起こる大きな流れや、心の変化・葛藤、魂の成長やその過程を読み取ることができます。

 

「小アルカナ」

「小アルカナ」は、大アルカナよりも具体的な出来事を表現しています。

絵柄から、精神的なことに焦点が当たっているのか、それとも現実的なことに焦点が当たっているのか、今どの段階なのかなど、大アルカナよりも細かくみることができます。

大アルカナが大見出しなら、小アルカナは小見出しのような感じです。

枚数は56枚ありますが、それがさらに分類されています。

混乱しないように、小アルカナについては、また別途ご説明します。

 

「大アルカナ」と「小アルカナ」の簡単な見分け方

初めてタロットに触れる人にとっては、どれが「大アルカナ」で、どれが「小アルカナ」なのかは、分かりにくいものです。

私もそうでした(^^;

そこで、一番簡単な見分け方をご紹介します。

<大アルカナ>大アルカナ

 

カードの上にローマ数字下にタイトルが書かれているものが「大アルカナ」

それ以外のカードが「小アルカナ」です。

「小アルカナ」の見方は、別途ご説明しますね。

 

まずは「大アルカナ」

「大アルカナ」だけで占う、「小アルカナ」だけで占う、78枚すべてのカードを使って占う、という方法がありますが、「大」というだけあって、基本は「大アルカナ」。

22枚の「大アルカナ」が読めるようになれば、占うことができます。

まずは「大アルカナ」のリーディングを目指しましょう。

 

色のイメージ

絵柄に使われる色には、次のような意味が込められています。

赤:情熱、能動的、アクティブ、エネルギッシュ、男性性
白:純粋、無垢
黄色:祝福、縁起がいい、良い方への変化
オレンジ:動き、エネルギー、今まさに動いている
水色(青):精神性、知的、女性性
緑:若々しさ、成長
グレー:途中経過、現実的
黒:限界、停滞、警告

色と意味の関係、何となく、想像できますね。

動物の絵柄

動物は人間の本能を表しています。

 

まずはこれだけ知っていれば、カードを読みやすくなります。

また少しずつご紹介していきたいと思います。

 

使用しているカード

タロットカードにはいろいろな種類がありますが、このサイトで使用しているのは、ウェイト版です。

アーサー・エドワード・ウェイト氏原作で、絵をパメラ・コールマン・スミス氏が書いています。

タロット占いではよく使われるメジャーなカードです。タロットを学ぶ際にもよく使われます。

ウェイト氏は、19世紀末にイギリスで創設された「黄金の夜明け団」という西洋魔術結社に属していました。

黄色がとても縁起のよい色とされているのは、「黄金」からきているとも言われます。

 

 

覚えるというよりも、イメージしやすい内容だったのではないでしょうか?

タロットは難しく考えなくてもいいのです(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました