初めてでも読める 覚えないタロット「0:愚者(ぐしゃ)」まずはイメージで

00愚者 タロット

 

タロットを難しそうと感じてしまうのは、覚えようとしているから。

でも覚えなくても大丈夫。

カードを観察して、イメージを膨らませることで、リーディングができるようになります。

そこからさらに知識を増やしていけばいいのです。

まずは先入観を持たずに、カードを見てみましょう。

※このサイトで使用しているのはウェイト版のタロットカードです。

 



 

先入観を持たずにカードを見てみよう

0「愚者(ぐしゃ)」のカードを、まずは、先入観を持たずに見てみましょう。

00愚者

 

カードからイメージしたこと

書き出す

絵柄からイメージしたこと、色のイメージ、気になったことを書き出してみましょう。

あなたの感性でOKです。

どんなことでもOK

気が付いたことを書き出してみよう

 

主なイメージ

タロットの知識が全くない人がこのカードを見た時に、どんな点が気になったのか、どんなイメージを持ったのかを聞いてみました。

参考に下記にのせています。

主なイメージをみてみる(クリックで展開します)
・若者
・自由、明るい、楽しそう、ハレバレしている
・希望に満ちている感じ
・旅をしている
・神様にありがとうと感謝している感じ
・足元に崖がある
・白い犬が一緒、犬は吠えている?犬もはしゃいでいる?
・奥に見えるのは氷山?
・手に白い花を持っている
・カードの印象は黄色で明るい感じ
・着ているもの、身に付けているもの色には、黄色、緑、白、オレンジ、黒、赤といろいろな色が使われている。
など
あなたはどうでしたか? 他にもあるかもしれませんね。

 

 

 

0「愚者(ぐしゃ)」を読んでみよう

0「愚者(ぐしゃ)」
THE FOOL/大アルカナ

一般的に使われている主な解釈を載せています。

あなたが絵柄からイメージしたことを思い出しながら読んでみてください。

カードのテーマ

■キーワード
始まり・冒険・可能性・自由・好奇心など

タロットには番号がふられていて、「愚者」は最初のカード「0」です。

0は何もない、空(くう)の状態です。

これから人生という旅をスタートさせる始まりのカードです。

※カードのキーワードや数字が何を表しているかは、代表的なものをピックアップしているので、これだけではありません。

イメージからの読み取り

00愚者

若者は、これから始まる冒険の旅にワクワクして、希望に満ちています。

まだ何も知らない、何も手に入れていない、何にもとらわれていない若者は、純真無垢、自由で好奇心いっぱい、沢山の可能性を秘めています。

でも未熟で無知がゆえに無防備で、危なっかしいです。

空を仰ぐ若者は、足元の崖には気が付いているのかな?

このまま進んで行ってしまうのでしょうか?

何も見ようとせず、崖から落ちる愚か者になってしまうのか?それとも、沢山のことを吸収し、未来を独創性豊かなものにしていくのか?

奥に氷山が見えます。

この旅で、もっと高いところに登って行こうとしているのか?

これから始まる旅の険しさを表しているかのようでもあります。

 



 

色に注目

カードの全体からイメージする色は黄色。

黄色は祝福の色です。

未熟な若者が、これからの旅でどんな成長をしていくのか分かりませんが、この若者の存在を祝福しているかのようです。

手の白い花は若者の純粋さ、白い太陽は無限の光、生まれたばかりの光。

若者の衣服には、複数の色が使われています。

黄色、緑、白、オレンジ、黒、頭には赤い羽根。

これらの色からも、若者がさまざまな可能性を持っていることが伺えます。

奥の山が氷山なのは、水色を使い精神性を表すことで、これから目指す崇高な理想を物語っているのかもしれません。

 

 

犬に注目

動物は人間の本能を表しています。

足元の犬は白。純粋さを表し若者そのもの。

犬は単にはしゃいでいるようにも、足元の崖に注意するよう吠えているようにも見えます。

無知がゆえに欲望のまま進む無謀さ、危険に気づく本能や知恵、若者には両方の可能性があることを表しているのかもしれません。

この若者は、さて、愚者になるのか?賢者になるのか?

 

 



 

リーディングの広げ方

カードが持つ基本的な意味は変わりませんが、読み手の感性やスタンス、知識量によって解釈や表現は変わります。

例えば、若者が着ている服に花柄が描かれていますが、これは若者が持つ才能が開花する可能性を表現していると付け加えることができます。

氷山については、乗り越えなければならない壁と読む人もいるでしょう。

これらに正解というものはなく、リーダーが自由に選択しリーディングしていいのです。

ここにリーダーの持ち味がでます。

自分が気づいたところ、興味を持ったところなどを調べて知識を増やし、自分なりの解釈を確立していくことでリーディングの幅も広がり、より深く読むことができるでしょう。

 

覚えないタロット

タロットは、絵の中にメッセージを盛り込んでいるので、絵から受けるイメージが、カードの持つ意味と大きく離れることはないでしょう。

あなたがカードからイメージしたことや気になったところが、リーディングの中でキーワードとなって表れていたのではないでしょうか?

自分がイメージしたことがリーディングに活かされていると、覚えなくても自然と体に入ってくると思います。

もしかしたら、先入観のない初心者こそ楽に身に付けられるかもしれませんね。

 

■ウェイト版タロットカード

このサイトで使用しているタロットカードは、ウェイト版です。

 

イメージで覚えたら、そこからは興味を持った部分を調べていくと、知識がどんどん増えます。

キーワードから連想し、新たなキーワードを見つけていきましょう。

想像力を使って、リーディングの幅を広げていきましょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました