初めてでも読める 覚えないタロット「15:悪魔」まずはイメージで

15悪魔 タロット

 

タロットを難しそうと感じてしまうのは、覚えようとしているから。

でも覚えなくても大丈夫。

カードを観察して、イメージを膨らませることで、リーディングができるのです。

そこからさらに知識を増やしていけばいいのです。

まずは先入観を持たずに、カードを見てみましょう。

※このサイトで使用しているのはウェイト版のタロットカードです。

 

スポンサーリンク

 

先入観を持たずにカードを見てみよう

「15:悪魔」のカードを、まずは、先入観を持たずに見てみましょう。

15悪魔

 

イメージしたことを書き出そう

絵柄からイメージしたこと、色から受けたイメージ、気になったことを書き出してみましょう。

あなたの感性でOKです。

出来ればノートか、パソコンやスマホならメモ機能などを使って書いておくと、あなたのオリジナルキーワード集を作ることができます。

 

タロットの知識が全くない人がこのカードを見た時に、どんな点が気になったのか、どんなイメージを持ったのかを聞いてみました。
参考に下記にのせています。
主なイメージをみてみる(クリックで展開します)
・邪悪な感じ
・囚われている、捕まっている
・やばい状況
・動物が人を捕えている
・首の鎖はゆるくてネックレスみたい
・捕らわれている人の表情は苦しそうではない
・男性、女性も角と尾っぽが生えている
・悪魔の頭に星が描かれている
・オレンジの印象が強くエネルギッシュに見える
・背景の黒が不吉な感じ
など
あなたはどうでしたか? 他にもあるかもしれませんね。

 

 

 

15「悪魔」はどんなカード?

15悪魔

15「悪魔(あくま)」
THE DEVIL/大アルカナ

一般的に使われている主な解釈を載せています。

あなたが絵柄からイメージしたことを思い浮かべながら読んでみてください。

カードのテーマ

■キーワード
欲望、本能、依存、誘惑、快楽、肉体 など

※カードのキーワードは、代表的なものをピックアップしているので、これだけではありません。

 

イメージからの読み取り

悪魔が人間を捕らえ、鎖でつないでいる様子が描かれています。

構図が似ているカードに「恋人達」があります。

タロット恋人

 

「恋人達」は後ろに天使がいて、背景には祝福の黄色い太陽が輝き、女性は潜在意識、男性は顕在意識の象徴でした。

 

 

 

15悪魔それに対し「悪魔」のカードの背景は黒で、限界や警告を表しています。

描かれた悪魔には人間のような部分もありますが、羽や足、角、耳、髭を見ると動物のようです。動物は本能を表しています。

心の葛藤を「天使と悪魔」と表現することがありますが、「悪魔」は人間の中にある欲望や本能を表しているのです。

人は本能からくる欲求には弱いものです。それを表現するかのように、悪魔も男女もオレンジで描かれ、本能の強いエネルギーを感じます。

男女は鎖でつながれていますが、鎖はゆるく、表情も苦しそうではありません。

悪魔(本能)に支配され、自身の欲求に逆らわないことは、きっと居心地がよいのでしょう。

「このままでいいや」と、あえて逃げないでいるようにも見えます。

女性の尻尾に描かれたブドウの実は物質的なもの、男性の尻尾の炎は情熱や本能を意味し、物質的にも精神的にも誘惑に弱く、この状況に依存していることの象徴です。

また悪魔の頭に描かれた星マークは五芒星といい、この向きは逆位置です。

逆位置の五芒星は「悪魔」と捉えられています。

 

 

あなたなりの解釈を加えていこう

「悪魔」のカードは、本能や誘惑というキーワードがあれば、割と読みやすいカードだと思います。絵柄からのイメージもしやすいでしょう。

誘惑に負けてしまうからだらしない、本能のままに快楽ばかり求めてしまう。

堂々巡りで抜け出せない。抜け出せないのは何かに依存しているから。

依存してしまうのは、何か拘っているものがあるから、何かに囚われているから。

逆に、本能を抑え込んでいるから(心と体がバラバラ)、周りが見えない など、連想しやすいカードだと思います。

大事なポイントは、何に囚われているのか、どうして繰り返してしまうのか、学ぶべきことはなにか、など、どうしてそうなっているのかを探ることです。

それが悪循環から抜け出すヒントになります。

 

 

逆位置の読み方

■キーワード
悪循環を断ち切る、解放される、立ち直る など

逆位置の場合は、意味が真逆になるだけではありません。

真逆と捉える場合もありますが、正位置の意味が強まることでバランスが悪くなる(何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」です)、正位置の意味が薄まる、特徴を上手く発揮できていないなど、白か黒かではなく、グラデーションになっています。

 

「悪魔」逆位置の解釈を拡げよう

「悪魔」の逆位置は、正位置よりもポジティブに捉えられるカードでしょう。

縛られていたものに気づく、解放される、というキーワードを主軸として連想していけば、解釈を拡げていけると思います。

「悪魔」の逆位置は、切り替えができるとき、抜け出せるチャンス、自分の状態に気づけるときです。

そういった観点からイメージして、リーディングに活かしていくといいでしょう。

 

正位置も逆位置も解釈に「これが正解」というものはありません。
相談者の話を聴き、置かれた状況や、周囲のカードとの関連性によってキーワードを引き出し、しっくりくる解釈を見つけていきます。

 

 

タロット無料講座レビュー|基礎を学べる・占い師になりたい人にもおすすめ

 

「悪魔」のリーディングについて

「悪魔」のカードは、本能や欲望のまま行動する、何かに依存するという解釈があり「悪いもの」というイメージがあります。

でも、本能や欲望は本当に「悪」なのでしょうか?

例えば食欲、睡眠欲、性欲。これらは本能的な欲求で、人間が生きていくために必要なものです。

時には本能で行動したことで危険を回避できたり、稼ぎたい、出世したいという欲求があるからこそ向上心につながることもあるでしょう。

相談者の悩みや置かれた状況、周りのカードとの関係を加味したときに、「本能に従っていい」「本能を抑え込みすぎて、拘りから抜けられない」というリーディングも成り立ちます。

また、本能は人間が命(肉体)を守るために備わった機能であるという観点から、「肉体」や「五感」というキーワードも使われます。
「肉体」「五感」「欲望」から妖艶さやエロティックなものとして解釈することがあります。

例えば「色っぽいところが魅力」「悪い男ばかりと付き合ってしまう」など、状況に応じてポジティブにもネガティブにも読むことができるのです。

本能に振り回されない、誘惑にかられない人間なんていません。
「悪魔」は人間らしさ、人間臭さを表現したカードで、時には味方に、時には障害になるものです。

欲求が暴走してしまうことが問題なのであって、本能や誘惑という強いエネルギーをコントロールすることができれば、強い味方にすることができるでしょう。

こっちを選んだらどうなる?ゴール設定お手伝いします 選択に迷っているあなたへ 二者択一or三者択一でアドバイス

 

五芒星について

五芒星

悪魔の額に書かれた逆位置の星の図は五芒星と言って、悪魔の象徴だと言われています。

五芒星は、正位置なら魔除けや魔術のシンボルとして、逆位置はデビルスターと言って悪魔という意味を持たせるなど、スピリチュアルな世界で古くから取り入れられていました。

リーダーの中には、正位置を人間、逆位置を悪魔と解釈する方もいます。

国によって少しずつ違うものの、五芒星は万物の源である五大元素に例えられ、尚且つ黄金比が使用されている美しい図形の代表格です。
五大元素のバランスにより万物を創造している世界は神々しく美しい世界。そして人間も万物の一部。

そう考えたとき、逆位置が悪魔なら、正位置は人間だという解釈もできると思います。

自然界の掟に従い、健全な精神のもとに生きる存在が人間とするならば、逆位置は自然の摂理を無視した非人道的な悪魔ともいえるのかもしれません。

また完全な人間なんていません。人の心の中には多かれ少なかれ「悪魔」が潜んでいます。
悪魔が表れたとき、人は誘惑に駆られてしまうのではないでしょうか。
「善」と「悪」は二元性であり、人と悪魔は表裏一体なのだと思います。
そう思うと、正位置の五芒星は人間、逆位置の五芒星は悪魔だと捉えることもできます。

リーダーによってカードの解釈はさまざまです。

自分の中にはなかったキーワードがあったとき、なぜそのように解釈をしているのかを考えることも、イメージを膨らませることに役立つと思います。

そして、その解釈を取り入れるかどうかはリーダー次第です。

リーダーは、自身の信念に基づいてリーディングすることが大切です。

 

 

嫌なカードが出たとき

「悪魔」と同じくらい嫌な印象があるカードに「死神」がありました。

でも「死神」はネガティブな解釈だけではありませんでした。

他にも「嫌だなぁ」と感じるカードはあるでしょう。

タロットは、人生で学ぶべきもの、魂の成長を表現しています。

どのカードもそこで終わりではなく、まだその先があります。

展開されたカードは、人生の中の一時を切り取ったにすぎません。

経験することで成長できる、今学ぶべきものとして捉えると、悪いカード、怖いカードは無いのです。

乗り越えた先に、新たなステージが待っています。

悪い面ばかりにとらわれず、なぜこのカードが出たのか、ここで何を学ぶべきなのか、という観点でリーディングをすると、相談者の方にも光を感じてもらえるのではないでしょうか。

 

オリジナルノートを作ろう

「悪魔」のカードについて、イメージは膨らみましたか?

正位置、逆位置とも、思いついたキーワードや解釈をノートにどんどん書き込んでいきましょう。

あなたのオリジナルノートになり、あなたの持ち味を活かしたリーディングにつなげることができます。

 

無意識に選んでいる未来をベストな未来へ書きかえます 心をリセット☆リラックスしてお話聞かせてください

 

覚えないタロット

あなたがカードからイメージしたことや気になったことが、キーワードとなって表れていましたか?

自分がイメージしたことなら、覚えなくても自然と体に入ってくると思います。

カードからイメージすることは人それぞれです。そして連想ゲームのように発想を飛ばしていきましょう。

タロットに正解はありません。

あなたの感性をいかしたオリジナルのキーワードを取り入れて、リーディングに活かしましょう。

もしかしたら、先入観のない初心者こそ、イメージを拡げることができ、しっくりとくる表現ができるかもしれません。

 

■ウェイト版タロットカード

このサイトで使用しているタロットカードは、ウェイト版です。

 

イメージでカードの意味をつかめたら、そこからは興味を持った部分を調べていくと、知識がどんどん増えます。

キーワードから連想し、新たなキーワードを見つけていきましょう。

想像力を働かせると、リーディングの幅を広げていくことができます (^^)

 

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました